集団授業のメリット

優秀な講師の授業を安価で受けられる

塾といえば集団指導塾が一般的でしたが最近は個別指導塾も増えています。どちらにするか迷うときに両者のメリットなどをチェックしておくと良いかも知れません。個別指導塾は講師一に対して生徒が一から数名の体制で、数名を相手にするときでもそれぞれが別の勉強をします。運営のために講師の数が必要で、アルバイトなどが多く講師の質が安定しないときもあります。集団指導塾は講師一に対して生徒は数人から数十人になります。このときは講師が生徒に対して一方的に授業を行うスタイルで、アルバイトではなく社員が授業をするケースが多くなるでしょう。講師は一定の訓練を受けているので質の高い授業が受けられ、個別指導塾に比べると割安な受講が可能です。

他の生徒と競争しながら頑張れる

勉強は自分のために行うので、通常は自分が必要と思えば自然にできるのでしょう。しかし子供だと勉強の目的が分からない時期もあり、勉強のためのモチベーションを維持するのが難しい時もあります。個別指導塾だと個別に課題に取り組むので、周りの生徒に対してどれだけ頑張ったかがわかりにくいです。集団指導塾は学校と同様に大勢の生徒と一緒に授業が受けられます。定期的にテストなどが行われ、テストの順位が貼り出されたりするので自然に自分がクラスのどの辺りにいるのかがわかります。頑張れば上位に行けさぼればどんどん順位が下がるので、負けん気がある子なら頑張って上位に行こうとするでしょう。他の子に負けない気持ちを持ち続ればどんどん成績が上がります。

お子さんの高校受験を成功させるためには、中学生の塾選びが肝心です!個人塾から、大手塾まで塾は多様化の時代です。どの塾がお子さんにあうのか、じっくりと健闘することが重要でしょう。