個別指導の学習塾の選び方

集中できる座席の配置かどうか

集団指導塾では講師が前で話をしているのを多くの生徒が同時に聞きます。たまに隣の教室の授業の声が聞こえるときもありますが、はっきり聞こえるわけではないのでほとんど気にならないでしょう。個別指導塾では一人の講師が複数の生徒の席の横について指導をするスタイルです。完全個別スタイルの塾だとほぼ個室状態なので、周りの音が聞こえないのでかなり集中できそうです。一般的な個別指導塾は机と椅子が教室に並べられていて、講師がそれぞれの生徒の横などについて指導をします。前や横の生徒の指導をしているときはその声などが聞こえる可能性があり、集中しづらくなるかも知れません。塾を選ぶときは机に仕切りを設けるなど集中しやすい座席になっているかを確認しましょう。

直営かフランチャイズか

フランチャイズといえばコンビニを想像するかもしれませんが、個別指導塾でもよく見られる運営方式です。運営のためのノウハウを個人の運営者に提供する仕組みなので、塾長は社員ではなくその塾の運営者になるでしょう。直営の個別指導塾のメリットは教室による指導内容の違いが出にくいので、最も近いところを選べば済みます。フランチャイズは塾長の指導方針に個性が出るときがあり、看板は同じでも指導内容が異なる可能性があります。教室によって雰囲気や生徒の成績アップの度合いが異なるときもあるでしょう。直営ならホームページなどで方針などをチェックして選べますが、フランチャイズを利用するときは体験授業などを受けて決めた方がいいでしょう。