個別指導のメリット

マンツーマンでじっくり指導してもらえる

塾に通う場合は個別指導か複数の生徒と一緒に授業を受けて勉強するかを選ぶことになります。個別指導を選ぶ場合のメリットは、マンツーマンでじっくり指導してもらえることです。複数の生徒と一緒に授業を受ける時、講師は1人に集中して教えるわけではないので、生徒の理解力や自主性が求められます。一方で個別指導の場合はマンツーマンなので、講師は1人の生徒に集中できます。細かい部分まで丁寧に教えることができるため、単純に知識やテストの点数をアップさせられるだけではなく、理解力や自主性を伸ばせる効果もあります。個別指導の方が塾を利用する場合の料金は高くなるものの、子供により良い形で勉強してもらいたい場合には最適です。

他の生徒を意識せず勉強を進められる

集団指導の場合は数名や数十名の生徒と一緒に授業を受けることになるので、存在が気になってしまう場合があります。しかし、個別指導は集団指導の塾よりも他の生徒を意識せず勉強を進められるメリットがあります。競争する相手がいないので焦ったり、授業のペースに付いていけず不安になったりすることなく、自分のペースで徐々に成績を伸ばしていけるでしょう。また、講師と接する時間が長くなると、集団指導の場合より信頼関係を築きやすいことも塾での個別指導のメリットです。信頼している講師から教わる方が勉強に集中できますし、優しいだけではなく、時には厳しく指導してくれることもあるので、成績アップを望んでいるなら個別指導は魅力的な選択肢です。